Q 12 . 化学肥料のリン過多の…

Q 12 . 化学肥料のリン過多の一番の問題点を、再度確認させてください。

A . 秀明ナチュラルファーム北海道 富樫一仁より

土壌に散布された化学肥料は作物に硝酸塩として摂取され、ひとがそれらの野菜を
食べるとどうなるか?まず唾液と硝酸塩が反応して亜硝酸という化学物質に変わり、
さらに食道を通って胃へと、胃液と反応してニトロソ化合物に変化、このニトロソ化合物は
超発癌性物質であります。マウスの実験では90%以上が癌になり、酷いのは内臓が
どろどろに溶けてしまうということです。厚生労働省の統計では現在、
男性が50%女性が30%の発癌率となっており、原因の大半が口から入ったものの影響と
言われております。

Q 11. 化学肥料が人体へ影響し引き起こる…

Q 11. 化学肥料が人体へ影響し引き起こる害については、はっきりと明文化されたものが
ありません。ご存知の範囲でご教示いただけないでしょうか?

A . ソガイ農園さんより

農薬への耐性だとか、減農薬という発想そのものが他回答からもわかるように問題の
本質から目をそらしていますね。
農薬メーカーは、利潤しか考えていません。正しく、化学的管理農法そのものですね。
生物多様性を重要視しないことで その利潤の代償は次世代への明確なダメージとなります。

Q 10. 今の農薬は、昔の農薬と…

Q 10. 今の農薬は、昔の農薬と違いターゲットとしている害虫とその近い種にのみ効力を
発するものがほとんどなので、使う利点のほうが大きいという主張は本当なのでしょうか?

A . ソガイ農園さんより

確かに、昔に比べると狭いターゲットで農薬の効果を発揮できるのは事実みたいですが、
そもそも、生物多様性の観点においてある環境下における害虫や病気という発想自体が
問題を歪める原因になってます。そもそも、自然界においてある特定の個体だけが
大繁殖することはありえません。食物連鎖の生態系バランスによってそれは常に保たれるからです。
人類は、人類のためだけに植物や家畜を増やしてきましたそれは極めて自己中心的で、
他の生物を全く無視しています。人体には、100兆を越す自分以外のDNA微生物や
バクテリアによって成り立ちます。そして、土も全く同じ。スプーン1杯くらいのなかに
10億を越す生き物が存在します。つまり、個という存在が、常にある種の集合体として
存在してるのでこれが生物多様性の本質で多様であるからこそ、微妙なバランスは崩れずに
保たれます。化学的管理農法は単純な目的を設定するために、常に悪循環のベクトルへ
進んで行きます。現代科学は、実は何も進歩していないに等しい状態です。
それは、専門的知識が備われば備わるほど明確になってゆくことでしょう。
土や、水が何も解明されていないことが、分かり易い例です。オーガニックの畑では
何かを排除しようとすると、必ず、後でしっぺ返しがきます。必ずです。
エネルギーが循環するからこそ、多様性は保たれます。単一の、虫やバクテリア、雑草等が、
目の前の畑で問題なのであればそれは、畑のバランスが悪いという以外に理由は無く
その問題と考えてる対象こそが最短でバランスを整えてくれている現象なのです。

Q 09 . 化学肥料のリン過多の…

Q 09 . 化学肥料のリン過多の一番の問題点を、再度確認させてください。

A . 秀明ナチュラルファーム北海道 富樫一仁より

一般論としてリンは作物を育てる上でとても重要な成分で「窒素・リン酸・カリ」の
三大要素と呼ばれており、特にリン酸は品質の向上と生産量を促すこととされてますので、
一般の農家さん達はリンの過多というよりは欠乏する事を恐れているんじゃないかと思います。
実際リン過多になるとどうなるか・・・土壌バランスが崩れ、特定の細菌、微生物などが増え、
それらが作物根にダメージを与える~作物の成長が悪くなる~それを見た農家さんは肥料が
足りないと判断~さらに肥料を投入~さらに生育は悪化~そして作物は病気に・・・
って感じですかね、そして農地から河川~海と水質汚染に繋がっていき、リン酸合成洗剤同様に
魚等の生き物が酸素欠乏で死んでいきます。慣行農業は「窒素・リン酸・カリ」の施肥設計に
縛られ過ぎてるのかなとも思います。自然環境は常に再生に向かってバランスを取り、
そこそこの植生の中で生き物たちがギブ&テイクの有機的共存を行っております。
生産者としては、作 物に対して何が出来るかを考える前に何をしたら邪魔にならないかを
考えた方がず~っといい結果が得られるんじゃないかと思います。

Q 08 . 残留農薬は、現在の国内使用料だと…

Q 08 . 残留農薬は、現在の国内使用料だと人体には影響がないと言われていますが、
残留農薬は本当に影響がない程度なのでしょうか?

A . 秀明ナチュラルファーム北海道 富樫一仁より

まず、日本では現在、農薬取締法、食品衛生法により残留基準0.01ppm以下を
クリアした食物以外は販売できないことになっています。しかし、現状はというと
検査自体が複雑で検査データも曖昧なため、大部分の食物は残留農薬の検査を受けずに
流通しているのが現状です。ですから極端な例を言えば、使用禁止の農薬も使用されている
ことも少なくはありません、更にこの基準は輸入食物におけるポストハーベスト等には
反映しておらず、かなり危険性の高い農薬が多量に使用されている現状です。
農薬に関して言えば、上から降り注がれた農薬は野菜を丁寧に洗えばある程度、
軽減することはできますが自然環境が農薬により損なわれる事から受ける人体への
影響の方が問題だと認識しております。たとえば有機リン系農薬による大気の汚染から
喘息になったり、ネオニコチノイド系が空中散布(田んぼのラジコンヘリによる空中散布等)
される様になってから小児のアトピーのアレルギー数値が異常に高くなったりと・・・
昔は都会から田舎に疎開したものですが、現在はというと化学物質過敏症の方々が農繁期に
なると農村から都会に疎開するという現象も起きてきていると聞いてます。

Q 07. 社団法人日本植物防疫協会の…

Q 07. 社団法人日本植物防疫協会の調査によると、農薬や化学肥料を
一切使わない農業では、使っている慣行農業に比べて2割~3割の収量減になる。
これを基に考えると、有機農法や自然農法だけの農業では現在の人口の半分しか
養えないという説がありますが、本当なのでしょうか?そこまで収量は落ちるものですか?

A . ソガイ農園さんより

化学農法とオーガニックの収穫量の問題ですが、どの時間軸にてそれを判断するかに
よって変わりますね。化学的物質によって汚染されている畑をオーガニックな生命力に
富む土の状態(有機的インフラ)に戻す場合を考えるとやはり、3~5年、場合によっては
8年などその畑が、どのように化学的な管理下であったかで大きく回復時間が変化します。
その期間中は、2~3割というレベルではなく場合によっては5割に満たないケースも
珍しくありませんし有機的なインフラが整ったとしても、重量ベースで判断すると
化学的管理のものより減収するケースもありますし逆に、増収することもあります。
が、大切なのは、この「重量ベース」というキーワードです。現代の食生活は、
お腹を満たす、ということに対してキャパの部分しか問題にせず、質や、食べ方については
一切考慮しません。化学的管理された農産物とオーガニックの食材を比べると
その栄養ポテンシャルは、ひどいもので50%に満たないものもあります。
上記食品を栄養ポテンシャルベースで考えた場合栄養密度の疎なもので、お腹を満たすこと。
これは、食事という行為に対する目的、概念がはっきりと異なっているのではないでしょうか?
その瞬間、お腹をいっぱいにして満足感を得ることと医食同源、食で体をつくり、
命を繋げて行くこと。この、全く目標の違う行為に対し同じ収穫量という問題を、
議論の対象にすること事態。本末転倒と考えます。また、食べ方一つにしてもその植物の
エネルギーフィードバック効率は変化しますし更に、化学的管理農法におけるアレルギーや
癌の増加、環境破壊の加速など様々な問題を多角的考慮しだすと同じ土俵にのせること事態、
強引な問題のすり替えに他なりません。現在の人口の半分しか養えない・・・今の人口を、
同じ手法によって10年維持する代償が20年、30年後の人類や地球へ大損害を与えてまで
有意義なものとは考え難いですね

Q 06. 大変規制の緩い日本の有機農法規定…

Q 06. 大変規制の緩い日本の有機農法規定。ほとんどの消費者は有機農法=無農薬と
思い込まされていますが、まずは日本で有機農法の認定を受けているのは全農家のうち
どれくらいの割合なのでしょうか?有機認定を受けている農業者のうち、現状で自然農や
ほぼ自然農に近い農法、クオリティの高い有機農法を取り入れ実践している農家は、
日本全体ではどの程度なのでしょうか?

A . ソガイ農園さんより

農家戸数で言うと有機農業者は全体の10~15%という数字が出ていますが、
ご指摘の通り、規制の緩い、というか目標の設定ポイントが欧米の有機の形とは違う為に、
消費者はともかく、農業者においてもそのシステム、内容を理解している人は、
とても少ないですそして、有機を取組んでいる戸数割合は上記数字になりますが
有機圃場の面積割合でいうと0.2%と愕然とする数字になります最新の発表では
0.25%と125%UPと右肩上がりの伸び率にはなりますが1%にも満たないと言う事実には
かわりません。
国内有機認証システムにおける、特徴の1つとして農業事業者の経営能力という部分が
非常に求められています。直接的な文言はありませんが認証料金や講習料、その他諸々の
経費が流通者や販売者も含め世界1高いことやトレーサビリティ主体の記録形態等から
感じ取れることでしょう。
このようなシステム下にあることにより有機農業の理解が困難になり且つ、高額な経費が
直接、農産物にフィードバックされ有機農産物が実質以上に高価で取引される。
また、化学的管理農業における人体や環境への影響についての情報が著しく乏しい等の
理由により、有機農業の波及率が低いと考えます。

農業は、アグリ“ビジネス”に成り下がり、本来の アグリカルチャー = 文化 的側面は
無視されています。

環境をつくり
社会をつくり
人をつくる

資本主義社会は、日本を経済大国に伸し上げはしましたが戦後から、心の貧しさは
反比例して増加しているように感じます そして、自然農型有機農業者の割合も国内有機農業の
ビジョンがマネジメント主体であることより化学的管理農業のプロセスをそのまま有機物に
置き換えただけの足し算型有機農業者が多いことも、上記内容より容易に理解できます。
肥料になる有機物を国内外から取り寄せたり 農薬代わりの調整剤を様々なところから
調達したのでは地産地消の本質である、エネルギー循環が行われません。エネルギーや、
遺伝子情報が循環するからこそのオーガニック ここに農の持つ文化的価値がある。
国内農業は、本質的観点より有機農業を考えなくては大きな拡大にはつながらないでしょう。
ヨーロッパのオーガニックムーブメントがチェルノブイリであったように。

Q 05 . 富樫さんは自然堆肥以外は使わないみたいですが…

Q 05 . 富樫さんは自然堆肥以外は使わないみたいですが、家畜の堆肥は何故使わないんですか?

A . 秀明ナチュラルファーム北海道 富樫一仁より

僕のやってる自然農法の定義の一つに土自体が肥料(エネルギー)の
塊であるという考え方があります。
森を見ても解る様に土には本来、落ち葉、枯れ草等を分解する施肥機能と植物の根、
ミミズ、ムカデ等の土壌動物による耕起機能、それから動植物の遺体、糞尿等を
分解して綺麗に
土に戻す浄化機能があります。ですから基本は無肥料でありエンドファイトを
含む土壌微生物の働きを補う為に自然堆肥をごく稀に使用してます。
それから家畜肥料を使用しない理由です。
自然農法の畑やたんぼでは年々土壌が多様性に富んでくる為従来の施肥設計が
事実上不可能であるという事、家畜堆肥が分解されるスピードと量はその土の
モチベーションにより様々であり長年使用する事で
想像以上の残留肥料を蓄積することも稀ではありません。
残留肥料が蓄積された畑から生産される農産物の主成分は糞尿であり、
化学肥料を使用した農産物以上の硝酸体窒素を含有しています。
この硝酸体窒素は人の体内に入ると唾液~胃液と反応しニトロソアミンという
超発癌性物質に変化します。
マウスの実験では90%以上の発癌率で酷いのは内蔵が溶けてしまうマウスも
少なくないというデータもあります。
ですから家畜等の有機肥料は使用していません。

Q 04 . チーズに空く穴は…

Q 04 . チーズに空く穴はどうして空いてるんですか?

A . 村上牧場 健吾君より

セミハード、ハードチーズに現れる球状の穴をチーズアイと言います。
これは熟成中に菌の働きにより、二酸化炭素が生成されることによって生まれます。
その働きをする菌のひとつは「プロピオン酸菌」といい、エメンタールが代表的なチーズです。
トムとジェリーのチーズといえばこれを指します。プロピオン酸菌は胡桃くらいの大きな
チーズアイとヘーゼルナッツのような独特の甘味も作ります。 もうひとつは、乳酸菌です。
チーズに使われる乳酸菌は、様々な種類がありますが、その中でチーズアイを作る代表的な
乳酸菌は「ロイコノストッククレモリス」といい、セミハードチーズのチーズアイは主に
乳酸菌の働きで作られます。
うちのチーズ「ガンビ」のチーズアイは後者の乳酸菌の働きによるもので、セミハードチーズで
ここまで大きいチーズアイは、珍しいかと思います。

Q 03 . 羊で、ラムとかマトンとか…

Q 03 . 羊で、ラムとかマトンとかサフォークとありますがこれはどんな品種なんですか?

A . よしもりまきばさんより

サフォークはひつじの品種です 。ラム・マトンは品種に関係なく月齢を表します 。
・ミルクラム・・・0~2ヶ月
・スプリングラム・3~6ヶ月
・ラム・・・・・・7~11ヶ月
・フォゲット・・・12~23ヶ月
・マトン・・・・・24ヶ月~
のようなイメージです。
お肉のやわらかさや繊細さを求める方はラムで風味や旨味などを求める方は
マトンが良いと思います。